フォト
無料ブログはココログ

執筆・国際政治

2012年5月28日 (月)

中国株式会社の研究、一神教世界の研究

 今週もJBPressで書いています。こちらからご覧ください。

2011年5月19日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】ビンラーディン殺害にみる菅とオバマの違い 産経新聞2011年5月19日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2011年1月27日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】朝鮮半島 難しい日米韓協力 産経新聞2011年1月27日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2011年1月13日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】英国に学ぶ大胆な保守政治 産経新聞2011年1月13日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2010年12月 9日 (木)

【宮家邦彦のWorid Watch】ウィキリークスの功罪 産経新聞2010年12月9日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2010年10月28日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】米の保守主義はどこへ行く 産経新聞2010年10月28日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2010年9月30日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】アジアに回帰する?米国 産経新聞2010年9月30日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2010年9月16日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】選挙はもういい、統治せよ 産経新聞2010年9月16日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

2010年8月19日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】仏版「歴史問題」から学ぶ 産経新聞2010年8月19日朝刊

 歴史問題は何も中国や韓国の専売特許ではありません。例えば私が専門の中東地域では、「歴史問題」が過去の地層のように何重にも積み重なっている例は掃いて捨てるほどあります。パレスチナ紛争やアルメニア問題などはその典型でしょう。

 どの地層から現在を見るか、もしくは現在からどの地層を考えるかによって、歴史的評価は大きく変わります。でもよく考えてみれば、発生した事実は一つしかなく、また、その発生原因も当時の状況に鑑みれば結局は一つに収斂するはずです。

 今回はアルジェリアの例を取り上げながら、「歴史を政治化する」ことが如何に非生産的かについて考えてみました。詳しくはこちらをお読みください。

2010年6月10日 (木)

【宮家邦彦のWorld Watch】全共闘世代 果たすべき使命は 産経新聞2010年6月10日朝刊

詳しくはこちらをお読みください。

より以前の記事一覧