フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2010年9月20日 (月)

【つぶログ】#9 宮家邦彦の外交安保カレンダー(9月20-26日)

 外交安保関係で今週予想される動きと留意点を取り纏めました。「事前予想」ではなく、あくまで研究者としての「心構え」です。勝手ながら、今週から執筆・掲載時間を月曜日夜に変更いたします。日曜日の夜中に書くのは物理的にもかなりシンドイのです、ご理解ください。

9月20〜24日 第54回IAEA通常総会(ウィーン)
22日からイランのサーレヒ・イラン原子力エネルギー機構総裁が参加し演説を行う予定だが、状況の進展は期待薄であろう。

9月20~24日 インド海軍司令官、訪米
インド海軍のNirmal Verma提督が訪米し、国防関係者と米印軍事協力について協議するらしい。人民解放軍関係者は、米国が中国海軍「封じ込め」のため新たな手を打ってきたと感じるに違いない。インド人はそう易々と米国の求めに応じるとは思えないが、要注意の動きである。

9月20~30日 豪州海軍艦船一隻が中国海軍と共同海難救助訓練を実施
豪海軍艦船は広東省と青島を訪問。日米海軍が人民解放軍海軍との交流を停滞させる中で、豪州海軍がコンタクトを維持しているのは重要なことだ。上記の米印海軍の動きとの関連でも興味深い。

9月22〜24日 中秋節連休(中国、香港)
今年の中秋の名月は、日中関係者にとってあまり楽しいものにはなりそうもない。昨日北京出張から帰国したが、こちらに戻ってきて、日中政府間のパーセプションギャップが如何に大きいかを痛感した。今回のこじれ状態解決には、今後「年単位」の時間がかかるかもしれない。

9月22日 菅首相、国連総会へ出発 23日 日米首脳会談開催 
今の状況では普天間は「棚上げ」しかないか。最大のポイントは尖閣問題でオバマが何と言うかだろう。24日は国連総会で演説し、25日深夜に帰国する予定。

9月26~30日 ロシアのメドベージェフ大統領、旅順、上海、北京訪問
 訪問中に中露が「対日戦勝65周年に関する中露共同声明」を発表するという。メドベージェフが尖閣で何を語るかも気になる。

【来週の予定】
9月30日 米商務省、10年第2四半期GDP発表(確定値)
10月1〜7日 中国国慶節休暇
10月2日 ラトビア総選挙
10月3日 ボスニア・ヘルツェゴビナ議会総選挙
10月3日 ハンガリー統一地方選挙
10月上下旬  (日本)臨時国会召集
10月?   第5検察審査会が2回目の議決?

2010年9月13日 (月)

【つぶログ】#8 アジア太平洋の地域安全保障アーキテクチャー

 尊敬する同僚の神保謙・慶応大学准教授が東京財団から「アジア太平洋の地域安全保障アーキテクチャ ―地域安全保障の重層的構造―」と題する研究報告書を出しています。共同執筆者も若手の優秀な人たちばかり、一読に値すると思うので特にご紹介します。
 安保の「アーキテクチャー」、建築(?)というと、一見何だか良く分からない概念ですが、不確実性が渦巻く東アジア・太平洋地域で、同盟関係でも、友好関係でも、敵対関係でもないけれど、誤解・誤算による「不測の事態」を回避するための何らかの地域的枠組が必要である今日、「アーキテクチャー」というモワっとした概念が、逆にというか、とても有効なのだと思います。
 そういえば、「アーキテクチャー」はクリントン国務長官の先日の米外交問題評議会での演説でも使われています。その意味では今流行の言葉でありまして、米国は当面この概念で米外交政策を説明していくのだと思います。
 詳しくはこちらをご覧ください

2010年9月11日 (土)

【つぶログ】#6 中国漁船の船長さんって一体誰なんだろう

 非常に素朴な疑問があります。
 今回尖閣列島の付近で海上保安庁の巡視船にぶつかってきた中国漁船って、本当のプロの漁民なのでしょうかね。尖閣付近がとてもオイシイ漁場で、毎年この時期に魚群を追ってやって来たというなら、まだ話も分かるのですが・・・。
 本当の漁民なら体当たりなどせず、むしろ、すぐ逃げるでしょう。捕まれば飯の食い上げですからね。逃げ切れなかったのかもしれませんが・・・。私のような素人は、どうも普通のプロの漁民ではなく、プロの工作員か、元軍人ではないかとすら思うのですが、考え過ぎでしょうか?調査の結果が気になります。
 早速11日には、中国外務省が日本の対応に反発し、今月中旬に予定していた東シナ海でのガス田共同開発に関する日中両政府の条約締結交渉の延期を決めたそうです。
 この事件は偶発的なものなのでしょうか。まず、交渉延期させようという動きがあって、そのために「漁船」が出て行ったのではないかとすら思うのは穿ちすぎでしょうか。 やっぱり試されているのでしょうかねぇ!

2010年8月30日 (月)

【つぶログ】#4 新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会報告書

 8月26日に「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」が菅首相に報告書を提出した。この種の懇談会の報告書は過去にも数多く出されている。
 例えば、昨年8月に「安全保障と防衛力に関する懇談会」の報告書が出た。1994年には「防衛問題懇談会」が当時の村山首相に報告書を提出した。古くは1980年に「総合安全保障研究グループ」が同種の報告書をまとめている。
 これらはいずれも自民党政権時代に書かれたものだった。これに対し今年の懇談会の有識者は民主党政権が選んだメンバーだが、その提言内容は極めて現実的なものだ。
 しかし、今回の報告書と過去の報告書を読み比べてみると、どうしてもデジャヴ(既視感)的な感慨を持たざるを得ない。何故こうした内容の報告書が繰り返し出されては、事実上無視されてきたのか。問題の本質はここにあると思う。

2010年8月18日 (水)

【つぶログ】#3 人民解放軍を真剣に研究する米国に学べ

 8月16日に米国防総省が発表した「中国をめぐる軍事・安全保障の動向」報告書を一気に読んでみた。一番感心したのは、米国が冷戦時代のソ連に対するのと同様、中国の軍事戦略を巡る中国国内の様々な議論を実に丁寧に整理・分析していることだ。将来の潜在的仮想敵国内部の動向を、万一に備えて地道に研究しようとする米国の姿勢は過去100年間全く変わっていない。
 同報告書は本文第18ページで、現在中国には、鄧小平の「24字箴言」に忠実な国内建設重視の「伝統派」、国際協力を通じて中国の影響力拡大を目指す「開明派」、中国の権益保護のため自己主張を強めるべしとする「強硬派」という三つのグループが存在すると指摘する。中国問題に関心のある向きには一読をお勧めしたい。
 米国は中国との「誤解・誤算による衝突」の回避を心から望んでいる。中国国内の「強硬派」の台頭を抑止し、「開明派」を盛り立てていくことの必要性も痛感しているはずだ。されば、日本でもこの種の真面目な中国研究を一日も早く充実すべきである。

2010年8月16日 (月)

【つぶログ】#2 日本の行政府に秘密を守る権利はないのか

 先週8月13日、内閣総務官が法廷で、報償費とは「国内外の難しい政策課題を解決するために情報を収集したり、協力を依頼したりするための必要経費」であり、「日付や金額も含めて領収書などが公開されると相手が類推されてしまい、信頼関係が崩れる可能性があり、国益を害する」と述べた。これに対し、原告は「日付や金額を公開することが国益を害するとは常識的に考えられない」と述べたそうな。
 一体どちらが「常識的」なのだろう。国民の知る権利が尊重されることは当然だ。原告側は、そもそも行政府が「秘密を持つこと」自体「いけない」ことであり、プライバシーなど国民の諸権利を含む国益を守るために行政府が「秘密を守ろうとする」ことは認めないというのだろうか。役人を永くやり過ぎたせいか、私にはどうもこのロジックが理解できない。
 秘密を守れない行政に公正性、中立性は期待できず、結局誰からも相手にされなくなる。昔キッシンジャーは「日本の政治家に秘密を守る権利はない」と喝破したが、今や日本の行政にもその権利は認められなくなるのだろうか。

2010年8月14日 (土)

【つぶログ】#1 民間とは何か 官間人との差は想像以上に大きい

 民間人とは「民(たみ)」の間で生きる人、官間人は「官僚」の間で生きる人。勿論後者は私の勝手な造語だ。先日大阪で、自己啓発から経営まで幅広くこなすコンサルタントとして活躍中の元同僚・山中俊之氏と久しぶりに飲んで、「民間」とは何かにつき考えさせられた。
 外国で大使を務め退官してから大企業の顧問や大学教授となっても、「民間人」になるとは限らない。その点、彼の場合は外務省の「官間人」から本当の民間人に転進した数少ない成功例の一人だ。
 山中氏はその著書で、「公務員が再就職する場合、真の危機感と自らの市場価値を高める思い」が必要と説いている。確かに、民間企業や財団法人の高級ポストについた元公務員に原価計算や労務管理で悩む苦労はないだろう。 
 彼らは自らの市場価値を高めたのではなく、単に官間人生活を続けているだけだ。こう言って、ピンと来る人は真の「民間人」、一生ピンと来ないのが「官間人」である。
(ちなみにこれで392文字、400字以内のツブログ第一号だ)