フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月19-25日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月2-8日) »

2013年8月26日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月26日-9月1日)

中国山東省済南で開かれていた薄熙来・元重慶市共産党委書記の裁判が今週終わる。判決が何時下されるかは知らないが、有罪は間違いないという。本当なのか。これほど結論が前もって分かっている裁判など、本当の司法裁判ではないだろうに。

今回は、中国版ツイッターなどで裁判を公開したことが「異例」だとか、中国政府が「透明性の向上」に努めた結果だとか、薄熙来が取調べ中の供述を翻したのは「予想外」だとか、実に様々なことが言われた。これほど的外れのコメントはないだろう。

中国において、政治的に機微な裁判が公開されるか否かの理由が「透明性の向上」であるはずはない。勿論、理由は政治だ。必ずしも国民すべてが「薄熙来は悪い」と考えていないと政府が感じたからこそ、この裁判は公開されたのである。

文革を指揮した四人組の裁判を思い出して欲しい。毛沢東の夫人だった江青は連日長時間テレビ中継された裁判の法廷で、「政治裁判」だと批判・嘲笑し、何度も退廷処分を受けたそうだ。今でも江青と裁判長との激しいやりとりを思い出す。

当時は1980年頃、中国にテレビは少なかっただろうが、「透明性」という点では今回よりもはるかに高かった。今の若い人には1966-76年の文化大革命が中国共産党にどれ程の悪影響を与えたかについて、どうもピンと来ていないらしい。

こうした背景を知れば、薄熙来がなぜ駄目なのか、どうして排除されなければならなかったのか、が分かる筈なのに。やはり、昔のことは当時の「同時代人」が一番良く分かっているのか。筆者も年寄りのようなことを言い始めたようだ、反省しなければ。

ところで、今週は安倍首相の中東訪問がある。これとの関係で面白いコラムを読んだ。Walter Russell MeadWall Street Journalに、ホワイトハウスは中東に関し5つの大きな見込み違いをしたと書いているのだ。

見誤ったのは、①イスラム主義集団の政治的成熟度と能力、②エジプトの政治情勢、③最も重要な2つの同盟国イスラエルとサウジアラビアとの関係、④中東のテロ活動の新たな力学、⑤シリアに介入しないことのコスト、の5つだという。

これだけ見誤れば、確かに大失敗といえるだろう。米国の中東政策がかくもお粗末だとは思いたくないが、だからだろうか、最近ホワイトハウスの中東チームがかなり入れ替わっているそうだ。

しかし、これは担当者を入れ替えれば済むという話ではないだろう。最大の問題は米国民の間に対中東政策に関するコンセンサスがないことだ。どこかの国の対中政策とそっくりではないか。

今週はこのくらいにしておこう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月19-25日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月2-8日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/53043827

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月26日-9月1日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月19-25日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月2-8日) »