フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月22-28日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月5-11日) »

2013年7月29日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月29日-8月4日)

日本では大きく報じられていないが、やはり欧米メディアの関心は中東和平プロセスの再開とイランの新大統領就任ではなかろうか。どちらもオバマ政権の「やる気」が問われているのだが、どうも最近のオバマの対中東政策はどれも感心しない。

先ずは、中東和平プロセスから。米国務省は中東和平交渉がイスラエルとパレスチナ双方の担当者が出席し729日夕(日本時間30日午前)からワシントンで行われると発表した。同プロセスは2010年秋から中断している。

中東専門家の反応はいま一つ。そりゃ、そうだろう、協議の内容は「交渉の具体的中身」でなく、あくまで「今後数カ月の交渉の進め方」についてだからだ。具体的内容ではなく、何をどのように話すかという「形式」に関する議論は物事の核心ではない。

誰もがそれを理解しながら、付き合っている。仲介役のケリー米国務長官がネタニヤフ首相とアッバス議長に電話をかけ、双方に交渉団派遣を要請したという。イスラエルはリブニ法相、パレスチナは和平交渉責任者のアリカットが出てくるそうだ。

これはもう限りなく歌舞伎に近い。今回は2日間の顔見世興行だが、ここでサプライズの進展があるとはだれも思っていない。ケリーの個人的執念か、それともオバマは本気でその政治的資産を費やすつもりがあるのか。恐らく前者だろう。

イランについては、ロウハニ新大統領の就任状承認式と就任宣誓式が83-4日、テヘランで開かれる。欧米でのロウハニに対する評価は割れており、核疑惑を巡りロウハニとの対話を唱える勢力と、更なる対イラン圧力を求める勢力が拮抗している。

ロウハニ新大統領の下でイランは変わるのか。核問題交渉で局面打開は可能か、それとも、国際的孤立を更に深めるのか。新大統領は経済制裁を緩和させ、疲弊したイラン経済を立て直すことが出来るのか。これもオバマの腹次第だろう。

一つだけ確かなことがある。ロウハニの登場は、ようやく従来の「強硬派の枢軸」、すなわちワシントンの反イラン強硬派、エルサレムのリクード等強硬派、アフマディネジャードとの間の「共存共栄」関係に終止符が打たれる可能性があるということだ。

ロウハニはこのトライアングルの奇妙な相互依存リンクを断ち切り、オバマ政権にクセ球を投げ始めるに違いない。ワシントンのいわゆる「ネオコン」の生き残りはこうした微笑外交的攻勢に耐えられるだろうか。お手並み拝見である。

個人的には30日に予定されるパキスタン大統領選に関心がある。関心といっても結果は見えている。野党第1党パキスタン人民党(PPP)が選挙をボイコットした以上、与党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派=PML(N)候補の勝利は確実だ。問題はその次に起こることだろう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月22-28日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月5-11日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/52655389

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月29日-8月4日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月22-28日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月5-11日) »