フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月17-23日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月1-7日) »

2013年6月24日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月24-30日)

今週は北京で中韓首脳会談が開かれる。日本では朴大統領が日本より中国を優先したなどと懸念する向きもあるが、果たしてどうだろうか。先々週のカリフォルニアでの米中首脳会談を見ても、中韓関係が急速に進展するとは思えない。

中韓関係は磐石ではない。中国は韓国の同盟国ではないし、相互信頼関係が深まっているわけでもない。両国に共通するのは、対日関係が悪く関係改善を急いでいないことぐらい。日本は中韓の違いをよく吟味し、対韓関係改善から始めるべきだ。

627日から米国とフィリピンがスカボロー礁近くで共同海軍演習を行う。現在同礁では中国が軍事施設を建設していると報じられた。67-8日には米原潜がフィリピンに寄港。今年に入り既に10隻の米主要艦船がフィリピンに寄港しているそうだ。

こうした政策をフィリピンが1990年代から維持していれば、現在のような南シナ海情勢はそもそもなかったはず。その意味でも、スービックから米海軍を追い出した1992年のフィリピンは21世紀の東アジアの運命を変えたともいえるだろう。

先週の最大のサプライズはスノーデン元CIA職員の香港出国、ロシア入国だ。弱冠29歳の男一人に米国政府全体が振り回されている様は、悲劇というより喜劇に近い。しかも、この喜劇の登場人物たちの置かれたそれぞれの状況は更に喜劇的だ。

まずは米国。ワシントンはスノーデンがNSA関係の機密情報をどの程度保持しているかすら正確に承知していないという。NSAといえば米国諜報機関の中でも最も機密性の高い機関なのに。これが事実なら本当に米国は大丈夫なのかと心配になる。

スノーデンの保持する情報が単なる事実関係情報だけなら良いが、NSAの情報収集システムそのものに関する最高機密の技術情報が漏洩した場合のダメージは計り知れない。当面は米国のお手並み拝見というところか。

今回香港は巧く立ち回った。米国にスノーデンを引き渡せば、中国との関係がギクシャクしかねないし、逆に中国側に引き渡せば、米国との関係は決定的に悪化する。幸いにも「時限爆弾」は香港領域内で炸裂しなかったということだ。

その点は中国も同様だ。万一、スノーデンが中国に亡命を求めてきたら、北京はどう対応するつもりだったのだろう。下手にスノーデンを保護すれば、米国との関係悪化は決定的となる。中国にとってスノーデンはそれほど価値のある男だろうか。

ロシアの動きも基本的には同じだろう。スノーデンの情報は欲しいが、米国との関係悪化は避けたい。されば、ロシアとしてもスノーデンの身柄拘束に消極的とならざるを得ないが、かといって、米国の言いなりになる義務もない。悩ましいところだ。

ここで注目されるのはエクアドルの動きだろう。スノーデンに対し政治亡命を認めるかどうかが注目される。ウィキリークスで有名なアサンジは現在ロンドンのエクアドル大使館に「亡命」しているが、いくら反米政権とはいえ、エクアドルはスノーデン一人のために米国と本気で喧嘩を始めるつもりなのだろうか。

今週は米国外交の威信そのものが問われている。

いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月17-23日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月1-7日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/52166992

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月24-30日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月17-23日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月1-7日) »