フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月20-26日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月3-9日) »

2013年5月27日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月27日-6月2日)

小さなニュースだが、今週29日から南太平洋のキリバス共和国大統領が台湾(キリバスにとっては中華民国)を訪問し、31日には台北にキリバス大使館を開設する。外務省によれば、現在台湾と外交関係を結んでいる国家は23カ国あるそうな。

たった23カ国と見るか、23カ国もあると見るかは判断の分かれるところだろう。1972年の日中国交正常化から41年経ち、日本で「台湾との政治関係」はタブーとなっているだけに、今時台北に「大使館」がオープンすることは新鮮な驚きですらある。

ちなみに、キリバスの独立は1979年。2003年に台湾と外交関係を樹立した際、何とキリバスは中台「二重承認」を希望したそうだ。勿論、中国はそれに反発、キリバスと国交断絶に至る。それでも台湾との関係を続ける小さな島国もあるということか。

今年もシンガポールのアジア安保会議(いわゆるシャングリラ・ダイアログ)が始まる。最近の傾向から見て、中国と韓国がまた大々的に反日的キャンペーンを打ち上げるだろう。現時点では61日に日米韓の防衛閣僚会議が予定されている。

この三極防衛相会合の開催は3年ぶりでとても意義深いと思われるが、まさか韓国は「これもドタキャン」ということはないでしょうね。万一、そんな事態にでもなれば、笑うのは北朝鮮と中国だけ。内政と外交は切り離し、冷静に対処して欲しいものだ。

いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月20-26日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月3-9日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/51801725

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月27日-6月2日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月20-26日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月3-9日) »