フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月25日-3月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月11-17日) »

2013年3月 4日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日)

今週のハイライトは5日から始まる第12期全国人民代表大会(全人代)だ。17日に閉幕するというからたった12日間。最低でも150日間、延長されれば半年以上も続く日本の通常国会とは大違い。個人的には日本の国会が12日間で終われば「天国」だとすら思う。

全人代の報道官は何故か女性の外務次官。女性は良いが、全国の人民の代表のスポークスパーソンが何故外務次官なのか。全人代は「日本の衆議院に相当する」などという説明が如何に的外れかよく分かるだろう。

過去数年間恒例になりつつあった国防予算の総額の事前公表を何故か今年は行わないという。この調子では、「習近平体制になったら少し中国は変わるのではないか」といった淡い期待すらも裏切られそうだ。

当面の関心は中国側から対日関係改善のサインが出るか否かだろうが、今のところその兆候はない。そりゃそうだろう。レーダーの対日「ロックオン」あり、対米「サイバー攻撃」ありで、それどころではないはずだ。

中国側の態度はこのまま固まってしまうのだろうか。習近平にせよ、李克強にせよ、カリスマのないサラリーマン指導者ばかりだから、大胆な方針転換はあまり期待できない。日中関係の「正常化」までにはかなりの時間がかかる可能性が出てきた。

中国といえば、ロイターが凄いサイトを作った。Connected Chinaと題されたこのデータベースは公開情報に基づく中国要人の人脈と派閥が非常に詳しく書き込まれている。唯一の欠点は英語表記であり、漢字がないので使いにくいことだ。一見の価値はあるので是非見て欲しい。http://connectedchina.reuters.com/ 

いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月25日-3月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月11-17日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/50025297

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月25日-3月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月11-17日) »