フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月18-24日) »

2013年3月11日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月11-17日)

また311日がやってきた。2年前の今日、筆者は学士会館で講演中だった。最後の質疑応答の最中に建物全体が揺れた。関係者全員がテーブルの下に「避難」した。あの時のことは一生忘れない。改めて尊い犠牲に心から哀悼の意を表する。

今週末に第12期全人代が閉幕する。中国政府の人事にサプライズはなく、まあこんなもんだろうな、などと思う。個人的にはこれまで「海監」、「漁政」などバラバラだったいわゆる「five dragons」が「中国海警局」として一本化されたことに注目している。

中国の「第二海軍」とか、海上警察能力「強化」などといった懸念もあるが、メリットがない訳ではない。少なくともこれからは日本の海保のように指揮権が統一される。「five dragons」間のライバル意識丸出しの「不規則行動」が減るのなら歓迎だ。

こうした動きが日中や米中公船同士の誤算に基づく不必要な衝突の回避に繋がることを期待しよう。なお、中国政府の機構改革という点では「鉄道部」が解体され、多くが交通運輸部に吸収される。尤も、この程度で中国の腐敗がなくなるとは思えないが・・・。

今週最も驚いたのは北朝鮮が朝鮮戦争の休戦協定を白紙化すると宣言したことだ。「白紙化」自体にはあまり驚かないが、むしろ「白紙化」されて日米韓関係者が何も言わないことに内心驚いている。なぜかって?当然だろう。

休戦協定が「白紙化」されれば、休戦が破れる、すなわち、「戦争状態に戻る」ということを意味するのではないのか。朝鮮戦争を戦ったのは韓国と北朝鮮だけでなく、中国(の義勇兵という名の人民解放軍)と米国(を中心とする朝鮮国連軍)だ。

朝鮮戦争が長い間の「休戦期間」を経て、再び戦争状態になればどうなるのか。誰も考えないのだろうか。考えたくもないのか、考える必要がないのか、考えもしないのか。国連はなぜ何も反応しないのか。このことの方が筆者には驚きである。

いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月18-24日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/50714378

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月11-17日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月18-24日) »