フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月18-24日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日) »

2013年2月25日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月25日-3月3日)

先週の日米首脳会談は「ぼちぼち」であり、客観的に見ても、予想以上の出来ではなかったか。興味深いことに、中国の主要マスコミは全て「米国に冷遇された安倍首相」というストーリーを報じたそうだ。されば、これは「官製ストーリー」だったということ。

何故わざわざそんな話を流すのだろう?やはり、中国側も今回の首脳会談が予想以上に日米同盟強化に繋がると見ているのだろうか。日米関係が良くないというこのストーリーは中国側が日中関係改善に向かうための準備なのか。むしろ、逆なのか。

あまり深読みしても意味はないかもしれないが、いずれにせよ、中国ではもうすぐ全人代が始まる。国務院外交チームの陣容も少しずつ見え始めた。そろそろ中国側が動いてもおかしくない頃なのだが。だからといって当面日本側が動く必要はない。

ケリー新国務長官が24日から36日までの予定で欧州・中東訪問を始めた。が、今回はイスラエルに行かない。この意味を正確に理解することは、今後4年間の米イスラエル関係を占う上で重要なのかもしれないが、一体何故だろう。

選挙中なら訪問しないだろうが、選挙は既に終わっている。オバマのイスラエル訪問に合わせるとの報道もあったが、どうなのだろう。気になるところだ。ちなみに、25日、イスラエルは新型の弾道ミサイル迎撃システムの実験に成功した。

先週の竹島の日に関する日本政府の処理は良かった。韓国側も当然ながら自制している気がする。25日の大統領就任式も無事終了し、新大統領は日本の副総理との会談で歴史問題に言及した。これも想定内と見るべきか。

双方が想定内の非難や抗議を繰り返すしか方法はないのか。韓国とは最低今後20年間はこうした関係が続くことを覚悟する必要がある。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月18-24日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/49658962

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月25日-3月3日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月18-24日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(3月4-10日) »