フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月7-13日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月21-27日) »

2013年1月14日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月14-20日)

日本ではあまり大きく報じられていないが、16日にマリの暫定政府大統領が訪仏し、オランド大統領と会談する。トラオレ暫定大統領は11日にマリ全土に非常事態を宣言、仏に対し既に軍事介入を要請している。当然、首脳会談の議題はこれだ。

11日、仏軍は国連安保理決議に基づきマリ国内イスラム過激派に対する空爆を始めたが、どうやらこの掃討作戦、あまり成果を挙げていないらしい。当然だろう、地上武装ゲリラを空爆だけで掃討することなど不可能に近いことは歴史が示している。

ナイジェリアなど西アフリカ諸国もこの軍事介入を支持しているようだが、日本のマスコミの関心は薄い。米国の軍事介入なら大騒ぎだろうが、フランスとアフリカだからなのか、トップニュースではない。バランスを失しているが、これが日本の現実だ。

欧州といえば、14日にギリシャの野党リーダーがドイツを訪問し、独財務相と会談する。まだこんな話し合いが続いていることをどう評価すべきか。「着実にしっかりやっている」のだろうか、少なくともユーロ危機が未だ解決していないことだけは確かだ。

同じ14日には中露の国営石油会社がロシアの対中石油輸出増量について協議を行う。中国の原油確保の動きは文字通り「手当たり次第」だ。昔日本で「油断」という本が売れたが、中国で本当に「油断」が起きたら、大変なことになると直感した。

14日からイスラマバードでアフガニスタン、イラン、パキスタンの貿易・商業大臣レベルの会合が開かれる。こんなニュースを読んでいると、アフガニスタンから米軍が撤退した後、この地域でイランの影響力が高まることは確実だろうと実感する。

16日から安倍首相がASEAN3カ国を早足で歴訪する。それは良いのだが、直前の15日から、何と鳩山元首相が訪中するという。「政界」を引退したはずではと思うのだが、「外遊」だけは別なのか。北京で何事も起きないことを祈りたい。

余計な訪問とはいわないが、米国の国務・国防・NSC次官補クラスが揃って14日から韓国と日本にやってくる。更に、18日には日本の外務大臣が訪米し、二人の外務大臣政務官も同時期に忙しく外遊する。

どこかドタバタ感を禁じ得ないのだが、米大統領就任式や日本の国会等日程の都合だから仕方ないか。本来は国会中でも外務大臣が自由に外遊できるように、副大臣や政務官のポストを作ったはずなのに。これでは本末転倒ではないか。

いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月7-13日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月21-27日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/48752914

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月14-20日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月7-13日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月21-27日) »