フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月29日-11月4日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月12日-18日) »

2012年11月 5日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月5日-11日)

今週のハイライトは何といっても米国の大統領選挙と中国共産党の党大会だ。米大統領選については主要マスコミの多くがオバマ大統領の再選を予測しており、あまり血湧きもせず、肉も踊らない。筆者もこうした見方を翻すだけの新しい情報はない。

オバマが勝っても負けても、クリントン国務長官は辞任し、恐らく次官補以上の多くは交代するだろう。勿論、キャンベル国務次官補の後任は決まっていない。レパート国防次官補が変わるとは聞かないが、オバマが勝てば彼は更に上を目指すだろう。

二人とも交代する場合、何人かの後任候補の名が思い浮かぶが、それで対アジア政策が大きく変わるとは思えない。いずれにせよ、新たに次官補代理が任命される場合、「身体検査」に最低でも数ヶ月はかかるので、当面空席となるだろう。

ロムニーが逆転勝利となれば、全く先が読めない。現在大統領選挙キャンペーンの外交チームが星雲状態にあるからだ。少なくとも3つのグループが外交・安全保障政策を担当していると称しているらしいが、勿論これらの間の連携は無きに等しい。

ロムニーが勝った場合、国務・国防長官、NSC大統領補佐官をめぐる人事で大騒ぎが始まるだろう。その人事が決まらないと、アジア政策担当者も決まらない。ロムニーは対中強硬発言を繰り返していたが、大統領になれば現実的選択をするだろう。

中国では、今週党大会が始まるが、政治局常務委員の人事が最終的に発表されるのは来週15日ごろになると予測されている。いずれにせよ、習近平と李克強の国家主席、国務院総理就任は既定路線だろう。

報道では常務委員会のメンバーは7人になるという。そうだとすれば、残りの5人のうち数人は当確者だといわれているから、真の権力闘争は残り数名の選択をめぐるものとなる。今の時点で誰が得をするかは分からない。

個人的には、7人の具体的氏名もさることながら、これまで9人が分担してきた職務権限を今回7人で如何に分担するかに関心がある。特に、中央法政委員会や中央規律検査委員会を誰が担当するのか、もしくはしないのかは興味津津だ。

最後に一言。先週は書けなかったが、1023日深夜スーダンのハルツームにある軍の武器工場で起きた爆発・火災はイスラエルによる空爆だった可能性があるそうだ。29日にはイラン海軍艦船がポートスーダンに入港したが、偶然とは思えない。

報じられるように、今回のイスラエルの空爆が対イラン攻撃の予行演習だとすれば、何という絶妙のタイミングであろう。やはりイスラエルは来年あたりに、対イラン攻撃を本気で考えているのかもしれない。極めて要注意である。

いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月29日-11月4日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月12日-18日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/47734781

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月5日-11日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月29日-11月4日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月12日-18日) »