フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月27日-9月2日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月10-16日) »

2012年9月 3日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月3-9日)

 欧米で夏季休暇が終わり、例年通り、今週は国際会議や会談が目白押しだ。特に、今週はクリントン国務長官のアジア歴訪が注目される。但し、彼女は今回、太平洋島嶼フォーラム出席後、インドネシアからアジアを回るが、日本や韓国には来ない。
 中国での最重要議題が南シナ海などでの領土問題になるとの見方もあるが、中国側がこの問題で急に態度を変えるとは思えない。10月の中国共産党大会での人事異動前に米中協議を行いたいのはクリントンよりも、中国要人の方ではないか。
 訪中後、彼女は東ティモールとブルネイを訪問し、8日からはウラジオストクでのAPEC首脳会議に大統領の代理として参加する。いくら大統領選挙戦の最中とはいえ、米国の正副大統領が参加しないAPECサミットはちょっと寂しい気がする。
 ウラジオストクといえば、日韓首脳会談開催は難しいだろうが、日中首脳会談が開かれるかどうかは注目に値する。中国の対応振りにより、近い将来の日中関係を占うことができるだろう。
 先週筆者は尖閣問題で大いに忙しかったが、今週も東京都の調査関連で色々質問を受けた。中国の反応が抑制的であることは、中国の政策変更を意味しない。本音は「10月まで出来るだけ静かにしておきたい」のだろうが、そうはいかないだろう。
 一方、野田政権の本音は尖閣ゲームで「都知事を黙らせたい」ということだろうが、今更都知事がすんなり退場するとは思えない。9月中に尖閣国有化話が進まなければ、10月には都知事自身が上陸を試み、党大会真っ最中の中国とガチンコになる。
 中国の我慢はいつまで続くのだろう。都知事の対中挑発は「絶妙」としか言いようがない。これで中国側が過剰反応すれば、中国の負け。中国が都知事の動きを無視すれば、中国の勝ちだ。筆者はこう思うが、問題は中国側がそう思わないことだろう。
 いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月27日-9月2日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月10-16日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/46940559

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月3-9日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月27日-9月2日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月10-16日) »