フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月6-12日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月20-26日) »

2012年8月13日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月13-19日)

 ロンドン・オリンピックも終わり、EUは完全にバカンスモードに入ったようだ。今週の欧州大陸の動きといえば、ドイツのルフトハンザ航空が、ストライキを回避するため、客室乗務員の賃上げを提案することぐらいしか予定されていない。
 欧州で頑張っているのはフランスの外相ぐらいか。この暑い中で15日からヨルダン、トルコ、レバノンを訪問する。議題はもちろんシリアだが、フランスが動いたぐらいで問題が解決に向かうとは思えない。まあ、誰も期待していないだろうが。
 今週最大の注目はやはりエジプトだろう。先週日曜日の国防相ら解任には驚いた。軍との「出来レース」なのか、追い詰められて軍に「喧嘩を売っている」のか、現時点ではよく分からない。
 前者なら米国が間に入っている可能性もあり少し安心だが、万一後者であれば恐らく軍は黙っていないだろう。実態が見えてくるのはもう少し先だろうが、個人的には、「どちらでも良いから、早くエジプトを安定させてくれ」と言いたい。
 恐らくこれが大半のエジプト人の本音ではないかと思うのだが・・・。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月6-12日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月20-26日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/46682936

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月13-19日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月6-12日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(8月20-26日) »