フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月28日-6月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月11-17日) »

2012年6月 4日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月4日-10日)

 今週も「六・四」がやってきた。1989年の天安門事件から今年で何と23年も経つが、あの事件は今もタブーのまま。関係者の名誉回復は勿論のこと、あの「動乱」の遺族に対する厳しい扱いも変わらない。やはり期待する方が間違いということか。
 もっと気になるのか、世界同時株安の可能性だ。先週末の米国市場の動きは、一部で囁かれていた世界的景気悪化懸念が現実になるのか。どうも気になる。経済は専門ではないが、今回ばかりはマーケットの懸念が簡単に払拭されるとは思えない。
 その意味でも、来週6月17日のギリシャ議会選挙の結果が市場に与える影響は決定的だと思う。マーケットが長期的に「合理的判断」を下すことは間違いないが、短期的にマーケットが重視するのは「材料」であって、経済的「合理性」ではない。
 先週末シンガポールで恒例のシャングリラ会議が開かれた。パネッタ国防長官は2020年までに現在の米海軍部隊の展開を太平洋・大西洋で50:50から60:40の比率にするという。本当にそんな簡単にいくのだろうか。
 米国防予算の行方は未だ不透明、中東で有事でもあれば、一発ですっ飛ぶような比率である。それでも、具体的に数字に言及したことは米国の真剣さをアピールする上では有効だったのだろう。素直に評価すべきだ。
 一方、今回中国側は逃げたようだ。前回参加した国防大臣はおろか、解放軍幹部も今回は参加していない。のこのこやって来て黒焦げになるのが嫌だったのか、それとも内政上の理由か。いずれにせよ、南シナ海は引き続き「波高し」ということだ。
 いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月28日-6月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月11-17日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/45530496

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月4日-10日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月28日-6月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月11-17日) »