フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月7-13日) | トップページ | 中国政府の言う「核心的利益」とは何なのか? »

2012年5月14日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月14-20日)

 先週末から日中韓サミットが北京で開かれた。今回の共同宣言では北朝鮮問題への言及が土壇場で落とされた。胡錦濤総書記が野田首相との二国間会談を行わなかった。尖閣問題では並行線だったらしい。
 それにしても、先週中国は米中戦略経済対話直前に起きた「陳光誠事件」で米国とすったもんだしたばかりだが、今度は日韓が相手だ。野田さん、胡錦濤に会えなくたって良いではないか。相変わらず、日中関係は90%が国内問題である。
 いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月7-13日) | トップページ | 中国政府の言う「核心的利益」とは何なのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/45259741

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月14-20日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(5月7-13日) | トップページ | 中国政府の言う「核心的利益」とは何なのか? »