フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月30日-2月5日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月13日-19日) »

2012年2月 6日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月6日-12日)

 今週は欧州ユーロ問題から始めよう。6日にはイタリア議会が政府の新たな財政措置について投票を行う一方、フランスでは航空会社労働者が3日間ストライキをやるのだそうだ(何を考えているのか)。同日には独仏首脳会談も予定されている。
 ところが肝心のギリシャ政府の態度が煮え切らない。第二次支援を受ける条件も詰まっていない。そんな状況でサルコジとメルケルは一体何を話すのだろう。こりゃだめだ。どうも欧州の混乱は相当長く続くと見た方が良さそうである。
 今月21日に日豪TPP事前協議、21-22日には日米TPP実務者協議がそれぞれ予定されている。7日には日米で事前協議が本格化するが、むしろ心配なのは日本国内の反対派の動きだ。民主党内は纏まりそうにないが、本当に大丈夫なのか。
 5日から韓国の李明博大統領がトルコを訪問し、トルコの原発建設事業への協力に合意したという。その後、李大統領はサウジアラビア、カタル、アラブ首長国連邦を歴訪する。シリアとペルシャ湾が気になる今日この頃、実に正しい決断だと思う。
 それにしても日本の首相は一体どこで何をしているのだろう。もちろんこの時期は国会議事堂で予算委員会に出ているのだが、韓国のトップは中東外遊中なのに、日本のトップは国会で不毛な議論に釘付けになっている。彼我の格差は埋め難い。
 対シリア制裁決議が中露の拒否権で葬られた。イスラエルの対イラン攻撃説が再び浮上している。今週は中東について書くスペースがないが、これまで述べてきたとおり、少なくとも、この種のスピンで我々が右往左往する必要は全くない。
 いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月30日-2月5日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月13日-19日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/44012917

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月6日-12日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月30日-2月5日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月13日-19日) »