フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月6日-12日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月20日-26日) »

2012年2月13日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月13日-19日)

 今週の焦点は何といっても習近平国家副主席の訪米だろう。
 中国要人にとって訪米は鬼門であると同時に、政治的飛躍のチャンスでもある。ところが、先週2月8日、事もあろうに、この微妙なタイミングで、重慶市の王立軍副市長が「休暇式治療」という聞き慣れない理由で「休養」に入ったと報じられた。
 その直後から王立軍の「失脚」がまことしやかに語られ始め、同副市長が成都の米国総領事館に政治亡命を求めたとか、同総領事館に一泊したとか、実に様々な噂や報道が流れた。勿論事件の真相は今も闇の中だ。
 唯一確かなことは、米国が習近平訪米前にトラブルを回避したことだろう。米国務省と中国外交部の説明は、「王立軍は夜総領事館を訪問したが、翌日自ら立ち去っている。これ以上のコメントは行わない。」という重要なところで妙に一致している。
 これは明らかに米中の出来レースだ。習近平は訪米前に顔が潰れずに済み、米国は不要な摩擦を回避して習近平に貸しを作った。この借りを習近平が返すかどうかは問題ではない。米中が現在も出来レースのできる関係にあることが重要なのである。
 中国の内政は今も荒々しく、雄雄しく、小気味良いほど古典的だ。それにしても、王立軍の米総領事館訪問という政治判断はどう評価すれば良いのだろう。薄熙来が頼りになるなら米国には行かないはず。恐らく薄熙来に切られたに違いない。
 一方、薄熙来から見れば、これは単なる裏切りではなく、昔のボスの顔に泥を塗る「受け入れ難い」仕打ちだろう。これで薄熙来も終わりなのか。それとも、不死鳥のように甦るのか。中国人でなくとも興味津々というところだ。
 今週の中東も相変わらずで、特に、シリアの状況が徐々に悪化している。このボディブローは時間が経てば経つほど効いてくる。何度も申し上げるが、シリアのアサド政権の崩壊は中東三大地震プレートの一つであるパレスチナ・プレートを直撃する。
 そうなれば、結果はシリアの混乱に限定されない。くどいようだが、出来ればシリアは政変まで追い詰めない方が良い。さもないと結果は破滅的なものとなるかもしれない。昨年10月にワシントンで友人たちにこう説明し回ったのだが、反応は鈍かった。
 「君の言うことは正しいかもしれない。でももう手遅れだ(But, it’s too late)」と最も親しい友人がそっと言ってくれた。今は毎週のようにシリア情勢がこれ以上悪化しないように祈っている。しかし、恐らく友人は正しいだろう。シリアはもう手遅れである。
 いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月6日-12日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月20日-26日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/44107437

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月13日-19日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月6日-12日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(2月20日-26日) »