フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月9日-15日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月23-29日) »

2012年1月16日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月16-22日)

 今週は、まず先週に引き続き、「米大統領選挙の楽しみ方」について書いておこう。 
 前回は「弱い大統領候補でも対立候補が更に弱ければ勝つ」と書いた。それでは「候補者が弱くなる」原因は何だろう。候補者の資質、資金集め能力など色々あろうが、最も効果的な方法は「党が割れる」ことである。
 党分裂の定義は様々だろうが、例えば1976年の共和党、1980年の民主党、1988年の民主党、1992年、96年の共和党、2008年の共和党などが典型的な例だろう。2012年の場合、割れるとすれば共和党である可能性が高い。
 言うまでもなく、今回の焦点は「Tea Party」勢力の動向だ。ロムニー候補がこのまま勝ち進んでも、ダイハード型のTea Party支持者はこれに乗らないかもしれない。そうなれば、どんなに弱くてもオバマが勝つ。党分裂はそれほど破壊的なのである。
 今週米大統領選挙よりも気になるのはパキスタン内政である。最高裁が首相に法廷に出頭するよう求めているらしいが、この裏には軍がいるのだろう。また、軍かと思われるかもしれないが、パキスタンの軍とはそういう存在である。
 先週末は台湾で総統選挙の最終日と投票日を見てきた。日本に比べれば台湾政治はまだまだ熱く、強いエネルギーを感じる。それでも現地紙には「今回は統一か独立かといった議論が影を潜め、台湾政治は成熟した」といった論評も見られた。
 日本も1960-70年代には安保、安保で結構熱かったが、80年代以降は急速にノンポリ化(成熟化)した。これと同じようなものなのだろうか。今回の選挙で馬英九の対中政策が国民の支持を受けたとまでは言い難い。
 今後、馬英九と中国の動向には目が離せないだろう。いつものとおり、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月9日-15日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月23-29日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/43772531

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月16-22日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月9日-15日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(1月23-29日) »