フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月7-13日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月21-27日) »

2011年11月14日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月14-20日)

 今週はオバマ大統領の動きに注目したい。11月11日にサンディエゴを発ち、12-14日にホノルルで日米、米中、米露各首脳会談とAPEC首脳会合、15-16日にはキャンベラを訪問し米豪首脳会談、17日には豪州北部のダーウィンに立ち寄り、18-19日にはインドネシアのバリで米印首脳会談、米国ASEAN首脳会議と東アジアサミットを行う。
 米国の大統領がこれほど長くアジア太平洋に留まり、かくも多くの首脳会談を行うなんて聞いたことがない。特に、ダーウィン立寄りは重要だ。米豪両国がここを米軍の新たな軍事拠点とすることに合意し、近い将来、米海軍や米海兵隊部隊画前方展開することになる可能性が高いからだ。
 海兵隊は沖縄、グアム以外にハワイ以西で新たな軍事施設を獲得する。当面は米軍「基地」とはならないだろうが、これが在日米軍、就中在沖米軍の駐留にいかなる意味を持つのか。米軍のエアシーバトルの本格運用開始が西太平洋での軍事態勢に如何なる変化をもたらすのか。安保の専門家でなくとも、よく考える必要があるだろう。
 いつもの通り、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載する。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月7-13日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月21-27日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/43013894

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月14-20日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月7-13日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(11月21-27日) »