フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月10-16日) »

2011年10月 3日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月3日-9日)

 今週の焦点は引き続きパレスチナ独立国家国連加盟申請問題だ。米欧露国連の4者(カルテット)が提案したロードマップ(工程表)の受け入れをめぐってイスラエルとパレスチナの駆け引きが先鋭化している。
 パレスチナ側はあくまで「入植地の凍結」を求めるのだろうが、これはオバマ政権が発足当初からイスラエルを説得しようとして、どうしても成功しなかった難問中の難問だ。イスラエルがこれを認める可能性は今のところ低いだろう。
 それでは今後どうなるのか。まずは数週間外交的駆け引きが続くのだろうが、成果はあまり期待できない。米国にはイスラエルに圧力を掛ける気がないし、その能力もなくなりつつあるからだ。
 パネッタ国防長官がイスラエルの孤立化に警告を発したなどと報じられているが、当のイスラエルはあまり「孤立化」を恐れていない。米国がイスラエルを見捨てることなどできないと高をくくっているのだ。
 特に、来年は大統領選挙の年だ。中東和平プロセスの前進を期待するのは無理ということか。過去10年の堂々巡りは2013年以降も続きそうである。
 いつもの通り、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載することにしよう。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月10-16日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/42257006

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月3日-9日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月10-16日) »