フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月19日-25日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月3日-9日) »

2011年9月26日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日)

 あまり報じられてはいないが、今週の最大関心事は、現在米国とターリバーンがパキスタンの仲介で行っていると噂される秘密交渉の行方だ。本当の黒幕はアフガニスタン国内のイスラム過激派を長年支持してきたパキスタン・サウジ・UAEのはずだが、彼らは決して表に出てこない。毎度のことながら、実に困ったことである。
 先週のラバニ元大統領暗殺事件は、ターリバーン(またはその配下のハッカーニ・ネットワーク)が現在もアフガニスタンでの政治的意思決定を、話し合いではなく、自爆テロによる敵対者暗殺を通じて行う決意であることを明確に示すものだ。
 それにしても米国はターリバーンから一体何を求めるのだろう。振り返ってみれば、1990年以降に米国がアフガニスタンを事実上見捨てた挙句、2001年以降もアフガニスタンの将来像を決めかねていることが混乱の最大の原因ではないのか。
 ターリバーンには本当に内部対立があるのか?米国の関心は米軍のアフガニスタン撤退だけなのか。ターリバーンのオマルとパキスタンのISIは譲歩する用意があるのか。恐らく詳細はほとんど報じられないと思うが、本件は要注意事項である。
 もう一つの焦点はパレスチナ独立国家の国連加盟問題だ。こんなパレスチナ側のパーフォーマンスで第三次インティファーダは起きるのか。これで西岸が再び混乱しても、パレスチナ人に対し以前のような同情は集まるのだろうか。疑問は尽きない。
 いずれにせよ、現在この問題米国や国連での最大関心事だ。アッバース演説後、壇上に上る野田首相を横目に多くの聴衆が演説会場を去っていったのも、ある程度は仕方がない。少なくとも野田首相の責任ではないだろう。
 いつもの通り、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載することにしよう。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月19日-25日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月3日-9日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/42046296

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月19日-25日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(10月3日-9日) »