フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月12日-18日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日) »

2011年9月19日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月19日-25日)

 さすがに9月下旬ともなると外交の季節到来である。国連、世銀、IMFなどの総会があるためだろうか、今週、来週は二国間、多国間協議が目白押しだ。まあ日本では新首相、新外相の外交デビューが注目なのだろうが、勿論世界の関心は別にある。
 例えば、今ロシアとベラルーシが実施している共同軍事演習「Union Shield 2011」にこれまで参加していなかったウクライナが今回初めて参加している。この演習が終わる翌日の23日からロシア与党「統一ロシア党」の党大会がある。
 プーチンとメドベージェフが揃って演説するというが、彼らは一体何を語るのだろう。更に、今回はギリシャから始まったユーロ経済危機だが、この騒ぎがEUの対ロシア関係に如何なる悪影響があるか、本当は気になるところだ。
 皆平静を保っているふりをしているが、国連へのパレスチナ「独立国家」加盟問題も今後の中東情勢を語る上で見逃せない。アッバースはもう妥協できないところに来ているので、このままガチンコ対決となれば米国が拒否権を発動する。
 それで収まれば良いが、これがガザなり西岸に飛び火し、イランなどが「参戦」すれば、どこで収まるか見当がつかなくなる。イランといえば、今イランとトルコが北イラクのクルド地域にちょっかいを出しつつあることも忘れてはならない。
 クルド問題はイラクだけでなく、イラン、トルコにとってもアキレス腱だが、このところトルコ軍の動きが活発になってきており、下手をするとクルドをめぐるイラク、イラン、トルコの微妙なバランスが崩れる方向に動くかもしれない。これは要注意である。
 いつもの通り、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載することにしよう。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月12日-18日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/41837681

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月19日-25日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月12日-18日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(9月26日-10月2日) »