フォト
無料ブログはココログ

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月27日-7月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月11日-17日) »

2011年7月 5日 (火)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月4日-10日)

 先週は中国共産党創立90周年を記念して様々な行事が行われた。中でも胡錦濤総書記の重要講話は一読すべきだと思う。勿論、内容が素晴らしいからではないが、中国なりのロジックがしっかり書かれているからだ。
 その中国で今一番気になるのは中央政府のではなく、地方政府の負債である。先月上旬、人民銀行はその総額を14兆元と推計していたが、同月27日中国の審計署は約10兆元と見込んでいるようだ。
 欧米の一部にこの巨額負債の一部が不良債権化する可能性を懸念する向きがあるが、中国関係者は悲観していない。この程度の負債が不良債権化しても、高度成長が続く限り、全国的問題には発展しないということか。
 それにしても、特定の地方で問題が顕在化する可能性は否定できない。その時、その地方の社会で不満が爆発するかもしれないのだが、それは従来どおり物理的力でねじ伏せるということか。それはもう中東では通用しなくなりつつあるのだが。
 いつもの通り、この続きはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載します。

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月27日-7月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月11日-17日) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/40678610

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月4日-10日):

« 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(6月27日-7月3日) | トップページ | 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(7月11日-17日) »