フォト
無料ブログはココログ

« 【執筆】中国株式会社の研究 その104 2011年4月1日 JBPress | トップページ | 【宮家邦彦のWorld Watch】原発、首相対応がネット上で炎上も、危機管理の要諦… 産経新聞2011年4月7日朝刊 »

2011年4月 4日 (月)

宮家邦彦の外交・安保カレンダー(4月4-10日)

 今週予想される動きと留意点を取り纏めました。これらは「事前予想」ではなく、あくまで研究者としての「心構え」です(出典は本邦日刊全国紙・通信社、外務省、ジェトロなど、あくまで個人の責任で集めました)

 福島第一原発をめぐる戦いは長期戦の様相を示し始めた。3月12日以降流れていた一連の「必ずしも悲観的ではない」見通しがことごとく外れ、先週末には高放射線量の汚染水が海に大量流出していることが判明した。
 原子力関係は全くの素人の筆者だが、報道を見ていると「遂に来るものが来たのか」との思いを禁じえない。やはり危機管理に際しては、よほどの確信でもない限り、常に最悪の事態を考える必要があるのだと改めて痛感する。
 長期戦といえば、リビアの内戦も当分終わりそうにない。4月1日には、案の定というべきか、多国籍軍の反カダフィ派車列に対する「誤爆」事件が発生した。反政府勢力側は事実上これ不問に付し、引き続き多国籍軍の攻撃を求めている。
 しかし、NATO軍にとって状況は一向に改善していない。現在の安保理決議では地上軍投入は不可能だ。このままではカダフィ側が勢力を盛り返す可能性すらあるだろう。米国の腰は引けているが、英仏にはカダフィに決定的打撃を与える能力はない。
 欧州は米軍の関与なしにリビア問題を解決できるのか。むしろ、状況を悪化させつつあるのではないか。ちょっと心配である。更に、バハレーンやシリアでの騒乱も簡単には収まりそうもない。やはり、今週も中東から目が離せないようだ。
 中東以外の動きについてはこちらをご覧いただきたい。(残りのカレンダーについてはキヤノングローバル戦略研究所のウェブサイトに掲載しています。)

« 【執筆】中国株式会社の研究 その104 2011年4月1日 JBPress | トップページ | 【宮家邦彦のWorld Watch】原発、首相対応がネット上で炎上も、危機管理の要諦… 産経新聞2011年4月7日朝刊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401198/39477338

この記事へのトラックバック一覧です: 宮家邦彦の外交・安保カレンダー(4月4-10日):

« 【執筆】中国株式会社の研究 その104 2011年4月1日 JBPress | トップページ | 【宮家邦彦のWorld Watch】原発、首相対応がネット上で炎上も、危機管理の要諦… 産経新聞2011年4月7日朝刊 »